テクノロジー

【簡単解説】SaaS,PaaS,IaaSとは?具体例で比較

クラウドは大まかにSaaS,PaaS,IaaSの2種類に分類され、サービスとしてSaaSはソフトウェアの提供、PaaSはプラットフォームの提供、IaaSはインフラの提供を意味します。具体例付きでSaaS,PaaS,IaaSをわかりやすく解説いたします。

 

クラウドとは?3つの分類

クラウドとは、インターネットに接続して使用するサービスのことです。クラウドには様々なサービスがありますが、仕組みを大きく分けると「SaaS」「PaaS」「IaaS」の3つに分類されます。

クラウドの分類

  1. SaaS:サース
  2. PaaS:パース
  3. IaaS:イアース

SaaSとは?

SaaS(サース)とは、「Software as a Service」の略です。 クラウドで提供されるソフトウェアのことを指します。企業でも個人でも身近に取り入れられています。

SaaSの具体的なサービス

PaaSやIaaSに比べて、システムやソフトウェアの開発者ではなくとも、関わる機会が多い一番なじみ深いのがSaaSです。

  1. Google Apps(GmailやGoogleドライブなど)
  2. Office Web Apps
  3. Dropbox

弊社の提供するGeAIneもこれに当たります。

SaaSのメリット・デメリット

SaaSのメリットとしては、インターネット上でデータの編集や保存が可能なため、データ紛失のリスクが抑えられます。自動でアップデートが行われるためセキュリティも常に最新に保つことができます。

一方で、インターネットに接続できない場合、サービス自体が利用できないデメリットもあります。また、すでに用意されたアプリケーションのため、自分で自由にカスタマイズなどはできません。

SaaS:ソフトウェアの提供
  1. インターネットに繋がればいつでもどこでも利用できる
  2. データをオンラインストレージに保存できる
  3. 複数のチーム・複数の人数で管理と編集ができる
  4. 自由にカスタマイズはできない

PaaSとは?

PaaS(パース)とは、「Platform as a Service」の略です。アプリケーションソフトが稼働するためのデータベースやプログラム実行環境などプラットフォームを提供するサービスのことを指します。PaaSは主にエンジニア向けのサービスで、アプリケーションのプログラムに関するプラットフォームをインターネットで提供します。これによりエンジニアの手間を削減することが可能です。

PaaSの具体的なサービス

一般の利用者にとっては、あまり知られていないサービスかもしれませんが、エンジニアならば利用した経験があるサービスだと思います。

  1. Google Apps Engine
  2. Microsoft Azure
  3. Amazon Web Services

PaaSのメリット・デメリット

PaaSのメリットとしては、開発で必要となるプログラミング言語や管理システム、OSといった基盤や開発ツールなどをすべて提供してくれるため、面倒な開発環境を整える手間を削減することができます。SaaSのようにすでに用意されたアプリケーションが提供されるわけではなく、開発の段階から行う必要があります。そのため、自由にカスタマイズすることが可能です。

しかし、使用できるプログラミング言語やデータベースはPaaSが提供しているもののみに限られます。開発環境はあらかじめ設定されたものしか利用できないため、環境を自由に選ぶことはできません。

PaaS:プラットフォームの提供
  1. 提供されたプラットフォームのうえで開発を行える
  2. プラットフォームの情報が多ければさまざまな開発ができる

IaaSとは?

IaaS(イアース)は「Infrastructure as a Service」の略です。 仮想サーバーやネットワークなどのインフラをインターネットを介して提供するサービスのことです。インターネット環境さえあればハードウェアを購入することなく、サーバーや仮想マシンなどのITインフラを利用することができます。

IaaSの具体的なサービス

専門知識が必要なため、ほとんどの方は利用した経験がないサービスだと思います。

  1. Google Compute Engine
  2. Amazon Elastic Compute Cloud

IaaSのメリット・デメリット

IaaSのメリットとしては、サーバーを利用する時に必要となるハードウェアのスペックやOSの種類を自由に選ぶことができます。

一方で、開発の自由度が高いが故に、インフラ設計やサーバ管理、運用スキルなどの専門的な知識が必要となってきます。セキュリティ対策などもすべて自分の手で行わなければなりません。

IaaS:仮想サーバーやネットワークなどインフラの提供
  1. 自由度の高いアプリやプラットフォームが作れる
  2. 専門的な知識が必要
  3. セキュリティー対策が必要

最後に

総務省の「令和元年通信利用動向調査結果」クラウドサービスを利用している企業は、2016年46.9%、2017年56.9%、2018年58.7%、2019年64.7%と確実に上昇しています。また、クラウドサービスを導入結果アンケートに、効果があったまたはある程度効果があったを回答した方は全体の85.5%でした。

今後もクラウドサービスの利用を検討される方が増えていくかと思いますが、貴社の求めるクラウドサービスはSaaSとPaaS、Iaasのうちどれがふさわしいのか。特徴をきちんと把握しておくことが重要です。 業種・業態やクラウド化への課題などを十分に踏まえて適切な導入をご検討ください。

あわせて読まれている記事

この記事を書いた人

r.arasaki
r.arasaki

どうも、鬼のカスタマーサクセス、だでぃです。 新規セールスからカスタマーサポート、Webディレクションまでを手掛けたフルスタックCSとして、現在はSaaSプロダクトを活用した顧客の成果最大化のサポートをしております。 事業部からのコメント 『救われた企業は数知れず、卓越した文章技術に舌を巻く 』

受注につながる新規商談を増やす WEB型営業とAI活用